読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツ&ゴー世代のミニ四駆活動記

30歳からミニ四駆を再開した1986年生まれです

秋葉原工作室でミニ四駆のボディを塗装してきた

エアロアバンテクリアボディを塗装

以前もクリアボディを使っていたものの、シールしか貼ってなかったので少し味気ない感じがしていました。
そこで、自分でも塗装してみることに!

塗装するボディはエアロアバンテのクリアボディです。

秋葉原工作室

近所に塗装できそうな場所が無く困っていたんですが、秋葉原に秋葉原工作室という模型を組み立てる専用の施設があると知り、そこに塗装しに行ってきました。

まずはマスキング

このマスキングテープを使って、窓ガラスの部分をマスキングしていきました。

私の持っているマスキングのイメージは「大きなシールをデザインナイフで切り抜いて貼り付ける」というものだったんですが、ミニ四駆のクリアボディは凹面にマスキングする事になるため、その形に切り抜くのが難しそうでした。
そこで細いテープを短く切って、輪郭に沿って何枚も貼っていく方法でやってみる事に。

塗装

専用施設だけあって、塗装用のブースがあります。
(エプロンやマスクの貸出もしてくださいました。)

f:id:beryu:20160910181043j:plain

持ち込んだスプレーをクリアボディの裏面に吹きかけて、塗装していきます。
この時、一度に厚塗りするのではなく、2〜3回に分けて薄く塗り重ねて行くのが正しいみたいです。
(スプレー缶の裏に書いてありました)

乾燥

f:id:beryu:20160910183838j:plain

塗装し終わったら、乾燥機に入れます。
この乾燥機の中は気温が高くなっていて、その高い気温によってインク中の水分を飛ばす速度を早める効果があるそうです。
30分ほど待ってから、取り出します。

完成

f:id:beryu:20160910184859j:plain

良い感じに染まりました! 手前のが私のボディ、奥のは @gyakusan くんのボディです。

まとめ

秋葉原工作室は良い意味で緩く、じっくり集中して自分の世界に入っている方や、見ず知らずの人と談笑している方など、それぞれ自由に過ごしている雰囲気でした。
塗装もしやすかったですし、またお邪魔しようと思います。