読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツ&ゴー世代のミニ四駆活動記

30歳からミニ四駆を再開した1986年生まれです

フロント提灯マシンを新調しました

f:id:beryu:20161103123518j:plain

手持ちのMAシャーシのネジ穴が割れてしまい、新しいマシンを新調せざるを得なくなったので思い切ってフロント提灯のマシンに仕上げてみました。
重量は電池込みで165g。

f:id:beryu:20161103123256j:plain
リアはブレーキスポンジでマスダンパーをぶら下げるタイプ。

f:id:beryu:20161103123618j:plain
裏側はビスが出っ張っている箇所にFRPのかけらを貼り付けてあって、コースを傷つけない仕様になっています。

フロント提灯の重り

f:id:beryu:20161103123806j:plain
ボディの裏側に6x6x32mmのスクエアマスダンパーをネジ止めしてあって、そのネジがモーターを叩くようにしてあります。
MAシャーシのサイドマスダンパーセット に付属していたやつです。

今はこの写真くらい大きく開くようになっていて、電池が交換しやすくて快適なんですが「可動域が広すぎるのは良くない」みたいな話をどこかで見かけた気がするのでもう少し制限するかもしれません。

落下テスト

前後同時着地、フロント→リア着地は安定しているんですが、リア→フロント着地のときだけフロントが跳ねてしまいそうです。
前だけマスダンパーつけようかな。。

スライドダンパーを自作してみた

作り方

f:id:beryu:20161103130145j:plain

5レーン用のマシンを作るために

ミニ四駆のコースには大きく分けて「3レーン」「5レーン」の2種類が存在します。
おもちゃ屋で売られているようなミニ四駆コースは主に「3レーン」なのですが、タミヤ公式大会や大きめのミニ四駆バーとかだとたまに「5レーン」のコースがあったりします。

この2種類、列数が違うのはもちろんなんですが、素材も別物らしく5レーンはだいぶ硬いです。
そのため、ミニ四駆本体で衝撃を吸収出来たほうが速く走れるケースがあり、いわゆる「フレキシブル化」が施されたミニ四駆を5レーン用として仕上げている方も多いみたいです。

私が良くお邪魔させて頂くTPF新橋さんやフォースラボさんには5レーンコースが設置されているので、私も5レーン用のマシンを作りたいなーと思っているところでした。
でもフレキシブル化は少し敷居が高そうだなーと感じていたとき、YouTubeでスライドダンパーを自作されている方の動画を幾つか見かけたので、まずはこちらに挑戦してみることにしました。

ちなみに今回の制作で参考にさせていただいた動画はこちら。
(カーボンプレートの部品が違うだけで作り方はほぼそのままこの動画を真似させて頂いているので、詳細はこちらをご覧頂いた方が良いと思います)

必要な部品

1. カーボンプレートの真ん中に穴を開ける

f:id:beryu:20161030220850j:plain

13・19mmローラー用カーボンプレートは真ん中に穴が空いていないので、自分で開けました。

f:id:beryu:20161030215503j:plain

穴の位置決めはFRPマルチ補強プレートを重ねて行い、真ん中の穴に沿ってドリルでグリグリ開けました。

f:id:beryu:20161030221519j:plain

上記の動画に従って、4mm→4.5mm→5mm と少しずつドリルの大きさを大きくしながら穴を大きくしていきます。

2. 重ねるFRPプレートの穴をH型に開ける

f:id:beryu:20161030231606j:plain

重ねるFRPプレートは先日ボディ提灯を作ったときにつかったものを流用したので、既に左右をカットしてありました。
※新品を使う場合はこの長さにカットすることになります。
このFRPをカーボンプレートにビスとナットで固定して、さっきカーボンプレートに開けた穴の大きさを超えないように注意しながらI型に穴を開け、その後末端部分を横に拡げてH型に穴を開けていきます。
(写真は下側だけ穴を開けた様子。このあと上側も同様に穴を開けます。)

この作業が製作工程で一番大変でした。
穴が小さいので小さなダイヤモンドヤスリを使って穴を拡げていくことになるんですが、カーボンが固くて全然削れないので物凄く時間がかかります。
ここで疲れ切ってしまったので、この日はここで一旦就寝しました…w

3. カーボンに開けた穴の出っ張りを削り取る

f:id:beryu:20161031103401j:plain

上記2.の工程を終えるとカーボンも緩いH型に削れているので、写真の矢印部分にある出っ張りをヤスリで削り取ります。

4. スライドする幅の分だけカーボンプレートの穴を拡げる

f:id:beryu:20161031111921j:plain

バンパーに固定する箇所の穴を2.5mmのドリルで拡げ、それを横に拡げていきます。 左右同じ幅に広げられるように、カッティングシートを貼って慎重に削りました。

このあと、この穴に3mmのドリルを差し込んでグリグリと更に穴を拡げて、2段アルミローラー用5mmパイプがギリギリ入る大きさまでヤスリで整えました。

5. 2段アルミローラー用5mmパイプを削る

f:id:beryu:20161031120137j:plain

そのままだとパイプの高さがあるので、スラダンからパイプがはみ出してしまいます。
※写真は少し削った状態のものですが、まだ少しはみ出てます。
これを「ほんの少しだけはみ出る」ぐらいのところまで削ります。
(ぴったり以下の高さにしてしまうと後からナットで締め付けたときにスライドしなくなってしまいます。。)

f:id:beryu:20161031120305j:plain

削る時は竹串にパイプを差し込んで、ヤスリで削りました。

6. 完成

f:id:beryu:20161103130233j:plain
上から見た図。

f:id:beryu:20161103130341j:plain
下から見るとこんな感じ。

f:id:beryu:20161031182943j:plain
取り付けた図。

今回の成果

苦手な工程が多かったのであまり精度良く仕上がらず、取り付けてみるとスライドする動きがスムーズじゃなかったり、パイプが若干長すぎるせいか前後のブレが結構激しかったりで、残念ながらまだ実用できるレベルのものにはなっていません。。 ひとまずこの制作を通してスラダンの構造は理解したので、もう少し改良できそうな箇所を模索していきます。

フォースラボさんでミニ四駆を半日触り続けてきました

f:id:beryu:20161015162936j:plain 横浜の元町にある、フォースラボさんに走りに行ってきました。
2000円で営業時間中何時間でも居て良いので時間を気にせずに楽しめる他、広い敷地に巨大な3レーンコースと5レーンコースの2つが接地されているのが特徴的でした。
14時過ぎから閉店間近の22時前まで、ほぼ半日ずっとミニ四駆してましたw

ジャパンカップ2016の模擬コース

f:id:beryu:20161015155850j:plain

私がお邪魔した日の5レーンコースはジャパンカップ2016の模擬コースになっていたので、噂のウルトラバーニングサーキットの難易度が体感できました。
ダブルドラゴンやジ・アルプス等のセクションをクリアすべくブレーキをキツめにすると写真奥のバーティカルチェンジャーが登れなくなって、この日は結局完走できませんでした。。
(トライ&エラーの繰り返しに夢中だったので、ちゃんとした写真は撮り忘れました。。)

ペラタイヤを作るための工具もある

f:id:beryu:20161016181915j:plain

フォースラボさんでは工具の貸し出しもされていて、別料金ですがペラタイヤを作るための工具もありました(20分100円)。
せっかくなので工具をお借りして手持ちの中径タイヤで作ってみたんですが、なかなか均等に削れない上に凄く時間がかかってしまい、タイヤ1本あたり20〜30分くらいかけてました…。

f:id:beryu:20161016182543j:plain

before/afterはこんな感じ。
3ミリ弱削りました。

f:id:beryu:20161016123307j:plain

ペラタイヤを装着した見た目。
写真ではわかりにくいんですが、タイヤの内側と外側で0.xミリ単位で厚みの違いがあり、タイヤによっては片側しか地面にあたらない状態になってしまいました。

まだまだ経験値が足りないから何度かやって慣れるしかないんだろうなー。
今回作ったペラタイヤは、もう少しヤスリで調整した上で常用しようと思っています。

この日の動画

2カットとも完走できてない動画で申し訳ないですが、ペラタイヤにする前と後で両方撮影してあったのでまとめました。
完走できた時のそれぞれのベストタイムは

  • ペラタイヤにする前:27.77秒
  • ペラタイヤにした後:27.83秒

と、違いは誤差のレベルでほぼ同タイムでした。
ペラタイヤの方が安定しているはずなので同タイムになるのは嬉しいんですが、結局コースアウトしちゃったのでまだブレーキやマスダンパーのセッティングを詰めないといけなさそうだなぁ。
※1カット目は競争させるために @gyakusan くんが2台同時に発車させてくれてますが、私のは先頭を走っている方のマシンです。

また行きます

ピットの席数も多く、コースも大きくて走らせがいがあって、とても気に入ってしまいました。 またちょくちょく通う場所になりそうです。