読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツ&ゴー世代のミニ四駆活動記

30歳からミニ四駆を再開した1986年生まれです

ミニ四駆コンパクトバッグを買いました

工具

f:id:beryu:20170322091939j:plain

会社帰りに新橋のタミヤプラモデルファクトリーに行く時など、気軽に遊びに行きたいタイミングで使えそうなサイズだったので、ミニ四駆コンパクトバッグを買ってみました。

ポータブルピットとのサイズ比較

f:id:beryu:20170322092200j:plain

奥行きと幅はそんなに変わらないんですが、高さが半分くらいになります。
これまでは大きめのPCバッグに写真のポータブルピットをねじ込んでいたんですが、このコンパクトバッグならある程度余裕を持ってPCバッグに入れられました。

どのくらい入るのか

f:id:beryu:20170322092329j:plain

を入れたのが上の写真の図です。
この状態でチャックがギリギリ閉まります。
これくらい敷き詰めてあったほうが中で物が暴れなくて良いかもしれませんねー。

直近の課題

ブレーキ、デザインナイフ、ピンセット、マルチテープ、ハサミ、etc…
出先で欲しくなるものはまだまだあるので、このコンパクトバッグにプラスして「ポータブルピットの蓋だけカバンに入れておく」みたいな運用になりそうです。
あの蓋はカバンに入りやすいサイズ感なので、それほど困ることは無さそうですけどね。

それと、コンパクトバッグは布製なのでステッカー類を貼りにくいのも課題の一つ。
同じバッグを使っている人が隣に居たりすると見分けが付かなくなってしまう可能性があるので、缶バッジか何かを付けておいた方が良さそうです。

感想

何よりバッグ自体が1500円くらいで安いのが嬉しい。
もうちょっと暗めの色の方が好みでしたが、ここは慣れかな?

このバッグのおかげで、外にミニ四駆を持ち出すハードルが一気に下がりそうです!

2017NewYear東京/ステーションチャレンジを終えての反省

イベント 考察

しばらく記事を書いていなかった間に「1/29 ミニ四駆グランプリ2017 ニューイヤー 東京大会」と、フォースラボさんで行われた「5MAX GP 2 × ステチャン 合体記念大会」に出場していました。
(NewYearに出場したその日に記事を書かなかったのは、あまりにも振るわない戦績だったからです。。)

悪い結果が続いているのでこのままではまずいということで、一応それぞれの振り返りをしておこうと思います。

2017ニューイヤー東京大会

f:id:beryu:20170124093104j:plain
復帰後初めての公式大会となるニューイヤー東京大会には、初めて作ったMSフレキマシンで出場しました。
ギヤ比3.5:1、モーターはマッハダッシュ。
重量は124gくらいだったかな?

結構安定して走れている印象だったんですが、周囲のマシンに比べるとスピードがかなり遅く1次予選で敗退でした。。
ちなみに完走3位。

敗因

  1. モーターと電池が温まりきっていなかった(当日はかなり寒かった)
  2. 電池の充電状態が良くなかった/遠征で持ち歩く電池を家で充電していくときの良いセッティングを把握していない
  3. マッハダッシュモーターを使うにしては26.5mmのタイヤ径は大きすぎた

上記の3つが自分で分析した敗因でした。

その後DRiBAR池袋さんのサテライトレースにもお邪魔したんですが、その際スタッフの方から「フレキの可動部分の遊びが大きすぎて力が逃げている」とのアドバイスを頂きました。
初めてのMSフレキだったので良し悪しも判断出来ていなかったのですが、どうやら精度も良くなかったようです。。

そんなこんなで「まだ自分はMSフレキを作れるほどの経験値に達していないのかもしれない」と考え、再度MAシャーシに戻してみることに。

5MAX GP 2 × ステチャン 合体記念大会

f:id:beryu:20170212151640j:plain
そうして強化白MAシャーシで組み上げたこのマシンで、2017年2月にフォースラボさんで行われたステーションチャレンジに参加してきました。
ギヤ比3.5:1、モーターは反省を活かしてハイパーダッシュを選択。

f:id:beryu:20170212162345j:plain MAシャーシに剛性抜きも兼ねた軽量化を施してあって、重量はボディ込みでも107gしかありません。 また、フロント提灯の足にフロントバンパーを取り付けることでジャンプ直後にスラスト角をキツくして、シャーシを床に無理やり押し付けるような力が働くのを狙って設計しました。

が、このマシンのジャンプ後の着地が入らないわ入らないわ…。
スラスト角によるシャーシを押しつける力は思ったほどかからなかったみたいで、結局後からマスダンパーを増やして対応してしまいました。
このマシンの良いところが死んでいくーーー

調整中は何度か完走していたんですが、本番では結局3度あったチャンス全てで完走すら出来ませんでした。

敗因

  1. ジャンプに合わせてスラスト角が変わる仕組みにそれほど効果がなかった
  2. MAの剛性が抜ききれておらず、ジャンプの着地でマシンが暴れてしまった
  3. 安定させるためにマスダンパーを増やしたので、加速性能が落ちた

レース本番では電池をフルパワーが出るコンディションにしないと勝てなさそうので、練習で百発百中で完走できる程度に安定させないと勝つ事は難しそうです。

次はどうするか

このままMAを安定させる方法を考えるか、改めてMSでフレキを作るべきなのか。。
個人的にはMAシャーシの「モーターやギヤの交換しやすさ」が大好きなのでMAを研究していきたいものの、MSフレキのしなやかなジャンプの放物線への憧れもなかなか断ち切れないのでまだ迷っています。
MAでフレキのようなしなやかさを得る方法が無いか考えるかなー。。

MAシャーシ/MSシャーシ用のフロント提灯の作り方

作り方

f:id:beryu:20161225101709j:plain 最近MSフレキマシンを作ったんですが、そのマシンをフロント提灯化した過程を撮影しておいたので手順をご紹介します。
※ちなみにこのマシンは手前側がフロントで、フロントバンパーの位置がおかしいですが気にしないでください。

使用する部品

使用する工具

  • ニッパー
  • プラスドライバー
  • ヤスリ(紙やすりではなく、金属製の硬いもの)
  • 2mmドリル

1. 土台を作る

f:id:beryu:20161225081249j:plain

MSシャーシ マルチブレーキセットの矢印部分だけを使って、フロント提灯の土台にします。

f:id:beryu:20161225081502j:plain

この位置につけるんですが、そのままだと中央部分がシャーシと干渉してしまい、ネジ止めすることができません。
(写真はMSシャーシですが、MAシャーシでも同様の問題が起きます)

f:id:beryu:20161226215908j:plain

そこで、干渉している箇所をヤスリで削り、隙間を大きくして干渉しないようにする必要があります。
1台目を作る時はニッパーで切って隙間を拡げていたんですが、切り口が少し割れてしまって後悔したので今回はヤスリで頑張りました。

2. 足を作る

f:id:beryu:20161225083335j:plain

土台から伸ばす足の部分をこのフロントワイドステーで作ります。

f:id:beryu:20161225083904j:plain

まず、半分に切ります。
ニッパーで切っても良さそうですが、刃が痛みそうなので私はヤスリで削って切断しました。

f:id:beryu:20161225084926j:plain

次に、切断面の方の端っこに2mmドリルでネジ穴を開けます。
この時、切断した2枚のFRPで同じ位置に穴を開けるように気をつける必要があります。

f:id:beryu:20161225084301j:plain

同じ位置に穴をあけるために、2枚重ねてネジを入れ、裏からナットで締めて固定するとズレなくてオススメです。

f:id:beryu:20161225085359j:plain

穴を開け終わったら、切断面で怪我をしないようにヤスリで整えて足は出来上がりです。

3. 足と土台の接続部を作る

f:id:beryu:20161225085841j:plain

6mmビス、スプリングワッシャー、アルミシャフトストッパーを用意します。

f:id:beryu:20161225090058j:plain

「6mmビス→スプリングワッシャー→足用のFRP→アルミシャフトストッパー」という順番になるように重ねてネジ止めして接続部分は完成です。
(ビスが6mmである必要はないと思いますが、ビスが長すぎると後でこの接続部を挿し込むシャフトと干渉してしまうので適度に短いビスである必要があります)

4. 土台と足を結合

f:id:beryu:20161225090214j:plain

土台に60mmシャフトを通して、そこに上記3.で作ったアルミシャフトストッパーの接続部を差し込みます。
そのままだとスルスルとシャフトが抜けてしまうので、FRPリアステーなどに付属している細いゴム管をシャフトの端に挿して固定しています。
この時、ゴム管をキツく内側に寄せすぎると摩擦で足が動かなくなってしまうので、アルミシャフトストッパーとゴム管は軽く触れる程度の緩さにしておいた方が良いと思います。

5. 足同士をつなぐプレートを作る

f:id:beryu:20161225092115j:plain

FRPマルチ補強プレートで、土台から伸びた足同士をつなぐプレートを作ります。

f:id:beryu:20161225093010j:plain

まず、新しいネジ穴を2mmドリルで2つ開けました。 (端から3つ目の穴 × 左右)

f:id:beryu:20161225093346j:plain

その後、一番端にある穴の分だけカットしてヤスリがけしました。
(カットせずに使っても良いのですが、少し切ったほうがカッコイイので。。)
これで足同士をつなぐプレートは完成です。

6. 取り付け

f:id:beryu:20161225093924j:plain

土台を適当なビスでシャーシに固定し、足に上記5.で作ったプレートを適当なビスとロックナットで固定して形は完成です!
ボディを固定する際は余った穴のどこかに適当な長めのビスを挿して、そのビスにボディをはめてゴム管等で固定してください。

f:id:beryu:20161225101709j:plain

ちなみに上記5.で作ったプレートの一番端の穴はこんな風にマスダンパーを固定する用途で使います。
(前途したようにこのマシンはフロントバンパーがおかしな位置にあるので、更に短いFRPを繋いでマスダンパーを取り付ける位置をずらしてます。。)

7. 完成形

f:id:beryu:20161226222915j:plain

現在のマシンの見た目はこんな形になっています。
結局フロントバンパーの位置は普通の位置に戻しました(汗)

f:id:beryu:20161226223428j:plain

長いビスにFRPをはめるだけの構造のフロント提灯もシンプルで良いのですが、この構造のメリットは可動域がとても広くなる事だと思います。
可動域が狭い方が良い、という話も聞いたことがあるので一概に良い事とは言い切れないかもしれませんが、個人的には広いほうが上に跳ねる力を逃がしやすい気がしています。
あと、分かりやすいメリットは電池交換が劇的に楽なことですw

ただ可動域があまりに広すぎるため、フロントにバンパーのような引っかかるものが無い場合、走っている最中にボディが前にバターン!とひっくり返ることがあります。。
なので上の写真のように、ボディが前に倒れずにちゃんと垂直程度の角度で止まってくれる構造にはしておかないとまずそうです。

手探りで作った手順なので一部非効率な箇所が混じってるかもしれませんが、参考になれば幸いです!